工場作業中あるある

時間の経過が分からなくなる

工場での仕事というのは、それを経験したことのない人にとっては、いったいどのようなものなのか想像できないでしょう。
ここでは、工場での作業に関してよくあることをいくつか紹介します。
まず、工場で作業をしていてもう1時間くらい経ったかなと思って時計を確認すると、まだ5分しか経っていなかったということはよくあります。

これは工場に限らず他の仕事でもよくあることでしょうが、退屈な時間ほど長く感じてしまうものです。
これとは逆に何かトラブルが起きてしまいその復旧作業をやっているときというのは、自分が思っている以上に時間が早く過ぎてしまうものです。
まだ5分しか経っていないと思っていたのに、実際には1時間経っていたということは珍しくありません。

工場の作業でどこでも見られる光景として、必ず指差し確認を実施するため、これがプライベートな時間でも癖になっている人は多いです。
工場に働きに来る派遣社員は多いのですが、仕事場に来なくなるということはよくあります。
事業者側もそのような事態は慣れっこになっているため、それほど焦ったりはしません。

何も考えずにできるような単純作業の仕事も多いため、気がつくと本当に何も考えていないことはよくあります。
その結果として、頭の中でいろいろな妄想をふくらませていたり、あるいは独り言ばかりをしゃべっていることもあるでしょう。

工場のあるある

アルバイトや派遣社員同士で仲良く話をしていても、正社員の方が来ると黙ってしまうのはよくあります。
やはり、工場内では正規社員とそれ以外とではどこかに壁があると感じることが多いのです。
機械のトラブルが発生してしまうと、体から謎の汗が出てきて、気持ちが悪くなってしまうことはよくあります。

トラブルというのはやはり避けたいものであり、精神衛生上あまり良くないのです。
自分が本当に機械になってしまったのかと感じるぐらいに無心で仕事に集中できるときがあります。
ずっと同じような作業を続けていると、ほとんど無意識のうちに作業ができるようになるため、このような境地に達してしまうのです。

工場のロッカーの中にはカップ麺や缶コーヒー、あるいはお菓子などを買いだめしていることが多いです。
新人が来たときには、その人がどれくらい工場の環境に耐えられるのかを予想することはよくあります。
工場の環境に慣れない人だとすぐに辞めていってしまうことがよくあるのです。

このように工場ならではのあるあるはたくさんあるのですが、これらすべてがどこの工場にも当てはまるわけではありません。
工場によってかなり環境は異なっているため、そのことはきちんと理解しましょう。