縫製工場の実態

女性が多く働いているイメージ

日本では工場での仕事というと何だかんだで恵まれているイメージが強いかもしれません。
単純作業をずっと繰り返す必要があり、高収入を望めるわけではないのですが、対人関係のストレスはなく、労働環境は安定しているため、楽な仕事であるというイメージまであります。
一方、海外の場合は過酷な労働環境を強いられている工場がたくさんあり、けっして楽な職場であるというイメージはありません。

たとえばアメリカでは最下層で仕事をしている人達が多く集まる場所として縫製工場があります。
縫製工場はすべての製造業の中でも特に賃金が低くて、待遇は最悪なのです。
アメリカでは違法移民が縫製工場で働かせられていることが多く、平均時給は8ドル以下となっています。
地下に違法な工場がつくられているケースがあり、そこではさらに低い賃金で仕事をしなければいけません。

違法移民のため足元を見られており、人間扱いされていない環境となっているのです。
このような縫製工場で仕事をしている労働者はアメリカに14万人もいるとされており、社会問題化しています。
縫製工場の特徴として女性が働いているケースが多く、お金を稼ぐために辛い環境に耐えているのです。

縫製産業は世界的に急成長しているため、できるだけ人件費を安くしようという企業の思惑が労働環境の悪化を招いているのです。
利益を最優先させて、たとえ法律に違反していたとしても気にしない経営者が世界中にいるのです。

縫製工場の仕事について

縫製工場は日本各地に存在しており、人間にとって基本的なものである衣類に大きな貢献をしています。
アパレル製品の製造をするために重要な役割を果たしている縫製工場では、すべての工程がシステム化されており、流れ作業によって生産しています。
パーツが準備されてそれらをミシンによって縫い合わせて最終的に製品として完成します。

工場によってどのような設備があり、どれくらいの従業員がいて、毎日どれくらい生産しているのかは異なっています。
したがって、工場ごとに労働環境はかなり異なっているため気をつけましょう。
縫製工場の仕事については特別な資格が求められることはなく、手先が器用であり、チームワークを大切にできることが重要視されます。
すべての工程の技術を習得するためには数年かかるとされていて、技術力が求められます。

さまざまな作業工程があり、それぞれ難易度はかなり異なっているため、求人に応募するなら、自分がどの工程を任されるのか確認しておきましょう。
工場の仕事においてはミスは絶対に許されず集中力を発揮することが大切です。
日本の縫製工場に関しては環境が比較的恵まれていることが多く、女性でも働きやすいです。