離職率と男女比率の実態

労働環境との関連性

最近はいろいろなデータを気軽に見られるような時代となったため、労働者についてのデータが気になる方は多いでしょう。
若者の離職率について話題になることは特に多く、離職率が高い仕事は労働環境が悪いのではないかと考えられることが多いです。
データによると、離職率の高い業種として、教育や宿泊業、生活関連サービス業などがあります。

逆に離職率の低い業種は鉱業や電気、製造業などがあります。
つまり、工場に関連する業種に関しては基本的に離職率は低くなっているのです。
離職率が低いということは、基本的に工場というのは環境が良くて、長く続けられる待遇を得られることを示しています。

工場の場合はきちんと休日が与えられることが多く、サービス残業もないことが多いため、離職率が低くなっていると考えられます。
ただし、別の見方もあり、工場で仕事をする方というのは、それ以外の業種で働くことは無理だから、最後に行き着く先として工場を選択しているという事情もあるでしょう。
工場の中には誰でも簡単にできるような仕事がたくさんあり、コミュニケーション能力やこれまでの経歴も重視されないため、工場に入ってそこをわざわざ離れるという選択をする人は少ないのです。
離職率の低い職場で仕事をしたいと考えている方は工場勤務について真剣に考慮してみましょう。

工場の女性比率は低くなっている

工場で働いている労働者の女性比率は1986年ころに4割となっていました。
それが現在では3割教となっているため、工場の女性比率はかなり減少しているといえます。
これにはさまざまな理由が考えられるのですが、その一つとして女性でもできる作業が減っている点です。

以前までは工場で組立型の仕事がたくさんあったのですが、今ではその種の仕事は海外で行われるようになりました。
その結果として、工場では以前のように女性の働く場がなくなっているために、それが女性比率の現象につながっているようです。
工場ではかなり機械化が進んでおり、海外に生産拠点を移しているケースも多いため、日本の工場での仕事の中には重労働なものが増えているのです。

それらは女性にやらせるわけにはいかないものが多いために、結果的に女性の数が減っています。
ただし、今でも食品加工をやっている工場には女性はたくさんいて仕事をしています。
女性が仕事をできる工場は今でも全国各地にたくさん存在するため安心しましょう。

ひょっとしたら工場で働くということを敬遠してしまう女性が増えている可能性もあります。
工場で仕事をすると聞くと、マイナスなイメージを浮かべてしまう女性はたくさんいるでしょう。