食品工場で働く

食品工場は今

食の安全、衛生という面が取りざたされることが多くなった日本において、現在、食品工場では安全性、衛生面において確固たる環境を作り出しています。
食品工場の設計や施工という面でも、建物構造などに安全性の高いフードセーフティシステムを取り入れ、将来、食品類の製造を増産するという事になっても、工場を建設するのではなく、リニューアルによって整備出来るように考えられています。

食の安全を確保するということが必須となる現代の食品工場では、いつどこでどのように作られた食品なのか?加工流通、販売されたものなのかという情報を、追跡できるトレーサビリティシステムが導入されています。

原料などのロット番号、始業原材料の由来などの情報がバーコードの中に入っており、危害要因の発生があった場合、どのラインで製造されたものなのか、特定できるようになっています。
つまり、万が一不具合があった場合でも、即時、原因を突き止めることができるようになっているのです。

正社員もアルバイトも派遣も多い食品工場

工場には派遣社員などが働くことが多いとされていますが、食品工場はアルバイト、正社員などの様々な雇用があるという事がメリットです。
例えば新商品の売れ行きがとてもよく増産という事になった時、日雇い雇用が行われることもあります。
食品工場は雇用を得やすいところともいえるのです。

夜間働くという事になると、少ない日数でもかなり稼げるアルバイトになります。
食品工場でも通常ライン作業となりますので、複雑な仕事は少なく、誰でも仕事ができるという事もメリットです。

但し、衛生面に関してはかなり厳しい面があり、作業服、キャップ、マスク、手袋着用、工場内に入る時にほこりなどがつかないように空気で汚れを落とす装置を通り入場します。
こうした身に着ける衛生用品は貸出ですが、必ずこうしたことを守らなければならないという事は、確かに面倒です。

流れ作業となるので、毎日同じことの繰り返しとなりこうした作業が苦痛という人にとっては、不向きな仕事といえるかもしれません。
働く人も色々で、仕事をかけもっている人もいますし、学生さんや主婦なども多いです。
日雇いの場合、仕事の期間が終われば通常、即お給料の支払いがあるので安心です。

近隣に迷惑にならないような配慮もされている

どのような工場でも音やにおいなど、近隣住民と何らかのトラブルがあるという事もあります。
しかしこうしたことが起らないように、近年の食品工場では極力騒音を出さない配慮、また近隣の方々が不安にならないように配慮しています。

工場を理解してもらうという事で、住民の方々に見学してもらえるように通路を設けているという食品工場もあります。