住宅工場で働く

住宅工場とはどういうものか?

住宅工場?住宅を作る工場ってどういう事?と思う方も少なくないと思いますが、住宅メーカーの工場の事を差します。
住宅メーカーでは住宅を作る際に利用する材料を作っています。
例えば骨気味となる鉄骨の溶接、外壁のパネル、床パネル、天井などの内装部材以外の材料は、住宅メーカーの工場で作られることが多くなっています。

住宅工場で家の材料を作る事にどのようなメリットがあるのかというとまず品質が安定するという事です。
外壁パネルに利用されるグラスウールなどの断熱材は、たくさんの種類がありますが、現場施工の場合、間違って利用する以外の材料を使ってしまう事もあります。
しかし工場で作ることで、コンピュータで管理し生産管理を行う人材が、確認を行うという作業をするため、品質管理が確実になります。

木材で外壁を通常のように現場で作るとなると2週間くらいの日程が必要となりますが、工場で生産したものを利用すれば、1日程度である程度、家の形にすることが可能です。
工場で作った物を利用することで建物の建築を品質を保ったまま時短出来るというメリットがあります。

更に工場は屋内なので、製造の際、天候に左右されるという事が基本的にありません。
現場で行う場合、雨が降れば現場はお休みになりますし、ある程度完成に近い状態でも養生するという面倒があります。
しかし工場で生産できれば、雨の場合、現場搬入をずらして天候のいい日に持っていくことができるので、天候に左右されないという面もメリットといえるでしょう。

住宅工場の仕事、どんな作業がある?

住宅工場の仕事は実際どのような作業があるのでしょうか。
鋼材やプレートを扱う部門では溶接の作業を行いますし、玄関扉や窓などはプレセット作業を行います。
材料の積み下ろしをしたり、積み込むなどのクレーンを利用した作業もありますし、外壁面のサイディング作業もあります。
部署によって様々な作業があり、ここで経験を積んでいくことが必要です。

色々な作業があるという事はイコール、たくさんの仕事の中から自分に合った作業を選択できるという事が働く側のメリットとなるでしょう。
生産管理や品質管理、営業などの仕事もありますので、体を利用して行う仕事よりも管理や営業の方がいいという方は、こうした部門を狙って雇用を探すという事もできます。

住宅工場はどのような作業を選択するかによって働き方も全く違ってきます。
メーカーの工場では管理と作業に仕事が分れて分業化されているので、募集がる際には、どのような作業になるのかを確認して応募した方がいいでしょう。

住宅工場で働くと際には自分にとってのメリット、デメリット、作業のしやすさ、自分にあっているかどうかを考えていくことが重要です。