印刷工場で働く

印刷工場の仕事は?

自宅でもプリントを簡単にできるようになった時代です。
印刷工場も以前に比べて大分少なくなったといわれています。
そこでは様々な印刷物をプリントしていますが、年賀状などの定期的にたくさんの受注が見込まれたものが、自宅で色々なものがプリントできるようになって、季節によって受注が多くなるはずがかなり少なくなってしまったのです。

ただ、印刷工場のようなところじゃないと印刷できないものもありますし、大量に印刷物を発注する企業などにとっては、カレンダー、名刺、その他パンフレットなど、常に印刷工場に依頼を行っています。

こうした印刷工場で働いている方々は様々な仕事をもっていますが、印刷オペレーターという仕事があります。
印刷オペレーターとして経験を積み、その後、キャリアアップを図る方も多く、技術や知識を磨いています。

印刷オペレーターの仕事

実は印刷オペレーターの仕事は危険が伴います。
何が危険なのか?というと、印刷機は巨大ですし、印刷のために薬剤なども利用するので、慎重に行う必要がありますし、通常2人以上が取り扱う機械を利用して一人で作業するという事は少ない仕事です。

インク、ローラー、紙などの印刷の際に必要なモノについての管理も、印刷オペレーターの管理となり、仕事に支障がないようにしっかりと、必要なモノを準備しておくことが必要です。
また印刷物に求められるカラーになる様に、色の調合なども考えなくてはなりません。
微妙な色の違いでもクライアントからクレームを貰う事がありますので、色の調整など地道に行う事が出来る人が必要です。

資格などは必要ありません。
経験がものをいう世界となっていきます。
通常、印刷オペレーターになるためには3年くらいの年月が必要といわれていますし、最初は工場でも体力勝負的な仕事が多くなるので、体力的にもきついと考えておく方がいいでしょう。

印刷オペレーターはどのくらいのお給料をもらえる?

印刷オペレーターでも、経験によって月収に違いがあります。
ある程度経験を積み仕事ができるようになったという方で、月平均30万円くらい、年収にすると450万から550万位です。

都市部では印刷物も非常に多く、常に機械が回っている状態なので、お給料も必然的にアップしますが、田舎に行くとそれほど印刷にも需要がなので、平均給料はぐっと下がります。

将来のキャリアアップを目指すなら

将来、印刷オペレーターとしてキャリアアップしていきたいという事なら、就職先がなるべく大手であることが望まれます。
印刷業界のおいてのキャリアアップとなれば、日本の場合、印刷業界のシェアを占める大手2社に就職、転職できることが一番望ましいでしょう。

また印刷はこの先も必要な場面がありますが、最近は雑誌なども電子化されることが多くなっていますので、将来を考えてこうしたお仕事に就くべきかどうか、考えていきましょう。