工場の騒音について

ガイドラインがある

工場の中というのはたくさんの機械があり、いろいろな作業が進められているため、かなりの騒音がすることがあります。
かつては工場で仕事をしていた人達が騒音のせいで難聴になってしまうケースも珍しくありませんでした。
このような状況から、労働安全衛生規則の一部が改正されて、工場内での騒音障害を防止するためのガイドラインが生まれました。

騒音レベルをどれくらいまでに抑えるべきかという基準が決められていて、それを守る必要があるのです。
事業者側は騒音対策をする義務があり、低騒音化のための対策に努めなければいけません。
騒音の測定の仕方は厳密に決められており、半年に一度は定期的に測定を実施しなければならないです。

基本的に85dB未満であれば問題なしと判断されて、90dB以上の騒音はかなり問題があると考えられています。
特にうるさい環境の場合は耳栓をして作業をすることを厳守しなければいけません。
しかし、実際の現場ではそのような場所で耳栓を外して会話をしているケースがあるのですが、この場合は将来難聴になる可能性はかなり高いです。

また、耳栓をつけていたとしても難聴になる可能性が0になるわけではないため、事業者側はできるだけ騒音レベルを低下させるような努力をするべきなのです。
85dB未満であっても、まれに難聴になってしまう可能性もあるため、事業者側は騒音問題について真剣に検討するべきでしょう。

騒音対策

騒音対策については労働者側が気にする問題ではなく、本来は事業者側が責任をもってやるべきことです。
まともな企業であれば、さまざまな方法を用いて騒音対策を実施しようとするでしょう。
基本的には騒音を発生している音源側の対策をするのが最も効果があります。

それぞれの機械に防音対策を施していくことによって、工場内の騒音を低減するだけではなく、外部に音漏れすることを防ぐこともできるのです。
工場内の騒音問題が解決されれば、それによって作業環境は大きく改善されるでしょう。
吸音対策も同時に実施することによって、音の問題はどんどん解決されていきます。

外部に対する騒音対策としては、壁や天井を防音性能の高いものにするという方法があります。
また、屋外に防音壁を設置することによって、隣地に騒音が届いてしまうことを防げます。
騒音から身を守ることはとても大切なことであり、適切な騒音対策が実施されていないなら、すぐに訴えるべきでしょう。
騒音というのは人間の体に大きな負担を与えるものであり、それによって病気になる可能性があることを理解するべきです。