工場現場の防寒対策

工場現場の防寒対策

防寒

寒い時期での工場勤務は防寒対策が必須です。会社からも言われます。
寒いと体調を崩しやすく、休んでしまうと周りに迷惑をかけてしまいます。それだけではなく時給制のアルバイトや派遣だと給料に響いてしまいます。
しかし、工場勤務が初めてだと「でも、防寒対策ってどうすればいいの?」と分からない人も多いでしょう。
今回は防寒対策について紹介します。

重ね着は必須

工場内は広い上、天井が高いので暖房は期待できません。冷蔵倉庫だと一年中、0度前後の温度なのでさらに厳しくなります。
防寒と聞くとカイロを貼る、ヒートテックを着るといった方法も定番です。
下着は重要で、水分に反応して発熱繊維を含む下着にするといいでしょう。ただ1枚だけだと寒さ対策には十分といえません。2枚以上を重ね着する工夫が必要です。
また、工場では底冷えしやすいので対策として、靴下を厚手のものにして重ねて履くなど、足元を冷やさないようにする方法があります。
靴下を重ねて履いていると蒸れやすくなるので、5本指ソックスから履いて普通の靴下にすると蒸れにくくおすすめです。

素材も大切

防寒対策で重要なのは素材です。
アウターの場合、体を動かしているうちに温まってきて汗をかいてしまいます。汗を上手く逃がす素材でないと汗冷えしてしまうと意味がありません。
そこで透湿機能のある素材がおすすめです。透湿機能とは蒸れを防ぐ機能で、中の湿度を上手く逃がし蒸れを防止します。

下着の場合、綿素材は肌触りがいいのですが、防寒には向きません。汗を吸っても乾きにくいため、濡れたままとなり体温を奪ってしまいます。
そこでおすすめしたいのがコンプレッションウェアです。
汗を吸うと熱に変えてくれるので、肌に直接触れていると冷えを防いでくれます。アパレルメーカーでも販売していますが、作業用のコンプレッションウェアのほうが、効果を期待できます。
ただし締めつけすぎても血行が悪くなってしまい冷えにつながるので、フィット感にも気にするといいでしょう。

防寒し過ぎはない

工場ではコートを着ながら働くことが禁止されている工場が多いため、暖かい下着を履き、重ね着する工夫が必要です。
カイロについても触りながら仕事をするのは禁止されているところもあるので、貼るカイロにするといいでしょう。
寒さで体調を崩しては元も子もありません。防寒対策はやりすぎということはありませんので、ヒートテックや靴下、カイロなどをしっかりと準備するようにしましょう。

factory-work-life.net

コメントは受け付けていません。